モノ 経営戦略

バリューチェーン分析のやり方とは【企業の強みを知る】

困っているひと
事業分析にバリューチェーン分析が有効だと聞きました。まだあまりわかっていないので詳しく知りたいです。

 

こんな悩みにお答えします。

 

バリューチェーンを用いて事業活動の分析を行えば、企業の強み・弱みを明確にすることができます。

 

本記事の内容は下記の通りです。

・バリューチェーン分析とはどんな分析か?
・バリューチェーン分析を使う上で大事なポイント4つ
・バリューチェーン分析のやり方を解説

 

今回は、企業の強み・弱みを明確にする「バリューチェーン分析」を解説していきます。

 

バリューチェーン分析とは、マイケル・ポーターが「競争優位の戦略」の中で用いた言葉で、事業のプロセスで付加価値を生んでいる部分(機能)を特定する分析です。

 

企業には、

  • 購買物流、製造、出荷物流、マーケティング・販売、サービスといった主活動
  • 全般管理、人事労務管理、技術開発、調達といった支援活動

があり、それぞれで価値を付加していくことが企業の主活動であると言うコンセプトに基づいています。

 

つまり、事業の「機能」や「プロセス」において、どれくらい高い価値を提供できているか分析することで、戦略の再構築や事業活動の改善につなげることができます。

 

本記事を読むことで、

  • バリューチェーンとは何かが理解できる
  • 付加価値を生み出している機能やプロセス(=企業の強み)を発見できる

ようになりますよ。

 

今回も簡単に分析ができるので、本記事を読みながら手を動かしてやってみてください。
けーる

 

バリューチェーン分析とは何か?

バリューチェーン分析とは、事業活動のプロセスで付加価値を生み出している部分(機能)を明らかにする分析です。

 

事業活動では下図のような機能・プロセスを経て、販売し、利益を得ます。

バリューチェーンの図

 

前述の通り、企業には

  • 主活動:購買物流、製造、出荷物流、マーケティング・販売、サービスなど
  • 支援活動:全般管理、人事労務管理、技術開発、調達など

といった活動があり、それらが組み合わさって最終的な利益を得ることができるのです。

 

なぜバリューチェーン(価値連鎖)かと言うと、それぞれの部分(機能)において付加価値を生みながら最終的に市場に到達するからです。

 

プロセスの中にある機能には多かれ少なかれバリュー(価値)が存在します。

その機能が大きなバリューを発揮しているところこそ、企業の強みと言えます。

 

企業はそれぞれ様々な強みを持っていて、その強みを生かすことで競争優位を築いています。

 

企業がさらなる成長を目指す時にこのバリューチェーン分析を用い、競争優位の源泉を理解し、戦略の再構築や事業活動の改善に役立てます。

 

バリューチェーン分析を使う上で大事なポイント4つ

バリューチェーン分析を使う上で大事なポイント4つ

 

バリューチェーン分析を実践するにあたり、以下の4つのポイントを押さえて進めます。

  1. 事業の単位を明確にする
  2. 自社の重要な活動を漏らさず書き出す
  3. 戦略と活動が整合しているかチェック
  4. 応用編:コミュニケーションの質に注目

 

それぞれ解説していきます。

 

①:事業の単位を明確にする

まずは、分析対象の事業を明確にしましょう。

 

大きな企業であれば、複数の事業を抱えていることが多いと思いますが、分析では事業ごとに1つのバリューチェーンを描きます。

 

例えば、Amazonではマーケットプレイスを運営したり、AWSなどクラウド事業を運営したり、Amazon Prime Videoなど動画配信サービスを運営していたり多岐に渡っています。このような場合、すべてを1つのバリュチェーンにまとめることは不可能です。

 

Amazonを例にするならば、「Amazon Prime Video(動画配信サービス)」のバリューチェーン分析というように事業単位で分析をしてください。

 

まず分析対象になる事業を決めて、事業のバリューチェーンを描いてみてください。

 

②:企業の重要な活動を漏らさず書き出す

2つ目のポイントは、企業の重要な活動を漏らさずに書き出しましょう。

重要な活動とは、注力していたり、付加価値を生んでいたりする活動のことです。

 

例えば、

・コストを下げるために〇〇の工夫をして調達をしている
・競争力の源泉であるR&Dを維持するために〇〇をしている
・認知度を高めるために多額の広告宣伝費を使用しCMを打っている

というように、企業が競争に勝つために様々な努力をしているはずなので、書ければ書けるほど良いです。

 

活動を列挙した時に、「この活動を商品開発に入れるべきか?研究開発に入れるべきか?」など、分類に悩んでしまうケースが発生するかと思います。

 

しかし、バリューチェーン分析で大事なのは、重要な活動がどのように競争優位に寄与しているかという点です。

 

どこに属しているかの正確性はさほど重要ではないので、迷わず書き出し次の活動を列挙していきましょう。

 

③:戦略と活動が整合しているかチェック

3つ目のポイントは、戦略と活動が整合しているかチェックしましょう。

活動を列挙したら、活動が戦略と整合しているか確認していきます。

 

企業活動はたくさんの活動をしているので、中には戦略と異なる方向に注力している活動がある場合もあります。

 

その場合、必要以上のコストが掛かってしまっていたり、他の活動に影響を与えてしまっていたりする可能性があります。

 

戦略とはそもそも「戦いを略す」ものです。活動がそれに沿っていない場合は戦略の意味を成していないので、要改善ポイントかもしれません。

 

④:応用編:コミュニケーションの質に注目

最後のポイントは、応用編で、コミュニケーションの質に注目しましょう。

 

特に、バリューチェーンの関係者間の物理的な距離は重要です。

機能間のコミュニケーション不足は、地理的な距離の遠さに起因するケースが多いです。

また、あえて異なる人員を近い距離に置く工夫をしている企業もあります。

 

一方で、最近では、Web会議などコミュニケーションを改善するツールも多数あり、リモートワークの文化も定着し始めているところでもあります。

 

そういった状況も踏まえて、機能間のコミュニケーションの質は適当か見極める必要があります。

 

バリュチェーン分析のやり方を解説

バリュチェーン分析のやり方を解説

いよいよバリューチェーン分析を行なっていきます。

 

改めてですが、バリューチェーン分析では、事業活動を「機能」や「プロセス」に分解し、どの部分で付加価値が生み出されているかを分析します。

言い換えると、企業が競争優位を構築する上でどのような活動をとっているか分析します。

 

それぞれの活動の役割、コストや付加価値、そして競争戦略や成長戦略への貢献度を明確にすることで価値提供の源泉を探り、戦略の再構築や事業改善に役立てていきます。

 

バリューチェーン分析では大きく3つのステップに分けて分析しています。

  1. 企業のバリューチェーンを作成する
  2. 競合に対する優位になる活動の役割を記載
  3. コストを整理

それぞれ見ていきましょう。

 

①:企業のバリューチェーンを作成する

最初に企業のバリューチェーンを作成します。

 

下図のように、ほけんの窓口グループを例にバリューチェーン作成します。

企業のバリューチェーンを作成する

ほけんの窓口グループは、

主活動:顧客獲得、相談会、アフター・セールス・サービス

支援活動:店舗開発・提携、人的資源管理、調達

に分かれます。

 

自社の分析をする際は、活動の粒度やバリューチェーンの個数などは1回気にせず書き出してみてください。

事業によってバリューチェーンは変わりますし、企業のことが今よりもちょっとでもわかる分析結果になればいいと思います。

 

まずは自分自身の事業をイメージして書き出してみましょう。

 

②:競合に対して優位になる活動の役割を記載

次に競合に対して優位になる活動の役割を記載します。

下図のように企業の強みとなる活動を記載していきます。

競合に対して優位になる活動の役割を記載

ほけんの窓口グループでは、405店舗の保険販売店を持ち、様々なマーケティング施策で来店促進。「聴く」営業スタイルと独自のシステムで高い顧客の満足度を実現しています。

 

上記のように、戦略上の強みになる施策を列挙していくだけでもたくさんの示唆を得ることができます。

 

③:コストを整理

最後にコストを整理しながら定量的にも分析していきます。

 

下図は公表データがなかったためあくまでイメージですが、各バリューチェーンに合わせてコスト構造を記載していくことで定量的な分析が可能です。

コストを整理

バリューチェーンとコストを合わせてみることで、生み出しているバリューに対してコストが適切かをみることができます。

 

 

まとめ:バリューチェーンを描いてみると企業から様々なメッセージを受け取ることができる

バリューチェーン分析は企業分析をする上で、基本的な分析の1つです。

 

多くの企業は戦略とバリューチェーンの各施策が整合していることが多く、たくさんの示唆を得られる分析です。

 

バリューチェーン分析をしたら、企業の強みのレベルがわかるVRIO分析をするのがおすすめです。こちらも合わせてみてみてください。

 

 

また、バリューチェーン分析は様々な分析の1つです。もっと詳しく学びたい方は下記の書籍がおすすめです。

経営戦略における重要な分析のフレームワークが網羅的に学べます。僕が学んだMBAでも教科書として使われています。「知らないことを知る」 には十分な一冊です。

 

また、これから経営を勉強したいという方は、まずは下記から読んでみるといいと思います。

経営戦略とは何か、わかりやすく概観を掴むことができるので、今日から経営について学びたい人の最初の一冊にオススメです。

 

今回は以上です。

-モノ, 経営戦略

© 2021 3年目にはじめる「ヒト・モノ・カネ」のこと