SDGs

SDGsの具体的な取り組み|目標7(エネルギーをみんなに そしてクリーンに)編【事例紹介】

 

困っているひと
SDGsの目標7(エネルギーをみんなに そしてクリーンに)の具体的な取り組みが知りたいです。

 

こんな悩みにお応えします。

 

本記事の内容

  • SDGs目標7はエネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 世界の状況を数字で見る
  • 世界の状況を動画で見る
  • 企業の具体的な取り組み
  • どうすればエネルギーをみんなに提供でき、クリーンなエネルギーを実現できるのか

 

SDGs目標7は「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」

ターゲット
7.1 2030年までに、安価かつ信頼できる現代的エネルギーサービスへの普遍的アクセスを確保する。
7.2 2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる。
7.3 2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。
7.a 2030年までに、再生可能エネルギー、エネルギー効率、および先進的かつ環境負荷の低い化石燃料技術などのクリーンエネルギーの研究および技術へのアクセスを促進するための国際協力を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進する。
7.b 2030年までに、各々の支援プログラムに沿って開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国、内陸開発途上国のすべての人々に現代的で持続可能なエネルギーサービスを供給できるよう、インフラ拡大と技術向上を行う。

 

目標7では大きく2つの目標に分かれています。1つは、世界中で当たり前のように電気を使えるようにすること、もう1つは環境に配慮しながらエネルギーを使用することです。

環境に配慮した代表的な発電として再生可能エネルギーが挙げられます。これは、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなど、自然界に存在するエネルギーを用いた発電のことです。

さて、なぜこのような目標が立てられているのでしょうか?世界の状況を見ていきましょう。

世界の状況を数字で見る

世界人口の13%は、依然として現代的電力を利用できません。

出典:国際連合広報センター「持続可能な開発目標(SDGs)ー 事実と数字」

大事な認識の1つとして、世界の人口が77億人(2019年時点)としたとき、約10億人がまだまだ電気を使えない生活をしている計算になります。

 

エネルギーは気候変動を助長する最大の要素であり、全世界の温室効果ガス排出量の約60%を占めています。

出典:国際連合広報センター「持続可能な開発目標(SDGs)ー 事実と数字」

地球の気候変動にも大事な影響を与えています。わかりやすい例でいうと気温上昇です。

 

困っているひと
地球温暖化って言うけど、どれくらい気温上がってるの?

 

下の図は、地球の気温変化について、左が700~2100年までの気温変動(観測と予測)、右が1950~2100年までの気温変化(観測と予測)を示しています。

出典)温室効果ガスインベントリオフィス 全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイトより

 

困っているひと
とんでもないペースで気温が上がっているね、、、

 

便利な社会にしようとしてたくさん二酸化炭素の排出をすれば、ますます気温は増加してしまいます。それを防ぐために国や企業が自制をしなければなりません。

そこで、エネルギーの中でも二酸化炭素を排出しない、再生可能エネルギーが徐々に注目を浴びています。

 

2015年、最終エネルギー消費に再生可能エネルギーが占める割合は5%に達しました。

出典:国際連合広報センター「持続可能な開発目標(SDGs)ー 事実と数字」

特に、環境に対する取り組みの先進国のドイツでは、発電量に占める再生可能エネルギーの比率が40%まで高まっています。

 

ドイツの発電量に占める再生可能エネルギーの比率が2019年に初めて化石燃料を逆転した。太陽光や風力などの再生エネの発電シェアは18年から5.4ポイント上昇し、46.0%に達した。石炭などの化石燃料は約40%だった。英国でも原子力を含めた二酸化炭素(CO2)排出ゼロの電源が初めて化石燃料を上回り、欧州の脱炭素を裏付ける結果となった。

出典:日本経済新聞「ドイツ再生エネ46%、初めて化石燃料を上回る 19年」

 

日本でも2030年までに再生可能エネルギーの比率を22-24%にしようとしています。

出典:2030年エネルギーミックス実現へ向けた対応について|資源エネルギー庁

 

世界の状況を動画で見る

まず最初の動画です。「電気の無い生活」を想像できますか?僕はちゃんとはできませんでした。

そんな電気の無い国の生活を実際にイメージできる動画です。

一方で、先ほどの動画とは真逆ですが、日本が取り組んでいる将来の電力網に関する動画です。

スマートグリッドとも言われ、ICTを活用した未来の電力網です。

ガソリンなどを使わず電気自動車にすることもCO2排出を削減する1つの方法です。日本では日産がEV(電気自動車)販売をを積極的に展開しています。

電気自動車には災害に強いという特徴もあり、日本との親和性も非常に高いと言われています。

 

SDGsにおける具体的な取り組み

私たちが当たり前に使用している電気ですが、それがまだまだ使えていない国もありますし、一方で、地球のためにいつまでも温室効果ガスを排出する火力発電に頼っているわけにはいきません。両方の実現がこの目標7の取り組みです。

取り組み事例① 事業活動で使用している電力を2025年までに100%再生可能エネルギーに|楽天株式会社

今後は、楽天株式会社本社をはじめ、データセンターや物流センターなどの拠点において、楽天株式会社が事業活動で使用している電力を2025年までに100%再生可能エネルギーにすべく、「楽天エナジー」をはじめとする社内外のステークホルダーと連携し、「RE100」達成に向けた取り組みを推進していきます。

詳細:楽天、国際イニシアチブ「RE100」へ加盟

取り組み事例② 再エネ100%による世田谷線の運行について|東急電鉄株式会社

再エネ100%電車は、都市型鉄軌道線における、日本初の再生可能エネルギー100%の電力による通年・全列車の運行となり、従来、1年間で東京ドーム約0.5個分の1,269t-CO2の二酸化炭素を排出していた世田谷線が「日本初の二酸化炭素排出量ゼロの都市型通勤電車」として運行されています。

詳細:再エネ100%による世田谷線の運行について|東急パワーサプライ

 

取り組み事例③ 業務車両の電動化に向けた取り組み|東京電力ホールディングス

東京電力ホールディングス、東京電力フュエル&パワー、東京電力パワーグリッド、東京電力エナジーパートナー、東京電力リニューアブルパワー、東電タウンプランニングは、EV100に参加し、2025年度までに全業務車両の50%、2030年までに100%の電動化と、充電インフラ整備を目指します。

詳細:電動車両が拓く未来|東京電力ホールディングス

 

取り組み事例④ Looop学園|株式会社Looop

太陽光発電所の設置・管理や再生可能エネルギー100%の電気を提供するLooopでは、Looopのサービスと地域の方々の生活の接点を楽しく学べるイベントを継続的に行っています。

茨城県水戸市にある「Looop春の木太陽光発電所」の
近隣にお住いのお子様とその保護者を対象としたイベントを開催。
発電所見学とサイエンスショーの2本立てで、
発電所の仕組みを勉強したり、太陽光パネルに触れていただくことで、
多くのみなさまに、楽しく再生可能エネルギーについて学んで頂きました。

詳細:Looop学園

取り組み事例⑤ 無電化地域を照らすソリューション|パナソニック株式会社

「無電化地域」にくらす人々が世界には約11億人。パナソニックは無電化地域に“あかり”を届けることで、教育、医療、経済、安全などの課題の解決に貢献することを目指して、2013年から2018年にかけて10万台以上のソーラーランタンを寄贈してきました。

パナソニックの得意分野である照明や電池、ソーラーエネルギー技術を利用して開発されたソーラーランタンは、無電化地域で暮らす人々のニーズに応え、進化し続けています。

詳細:100 THOUSAND SOLAR LANTERNS PROJECT | Panasonic

 

どうすればエネルギーをみんなに そしてクリーンにできるのか

日本では既に未来を見据えた新しい電気のインフラを整えるべく準備を進めています。

エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ

竹内 純子/伊藤 剛 日本経済新聞出版社 2017年09月05日頃
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 

次は私たちがCO2排出について考えてみたり、地球に優しいエネルギーを使うよう心掛けていくことが重要です。

今、私たちにできること

私たちでも簡単にこの取り組みに参加できる方法があります。

それは再生可能エネルギー100%の電気を使うことです。再エネ電力の価格も下がっているのでお得に電力会社の乗り換えをしてみましょう!

Looopでんきは再生可能エネルギー100%の電気です。基本料金無料なので、従来の東京電力のプランよりも安く電気を使うことがでいます。



SDGs、まず何から始めればいいかわからない場合は、こうした再生可能エネルギー100%の電気を使ってみることから始めましょう。

今回は以上です。

-SDGs

© 2021 3年目にはじめる「ヒト・モノ・カネ」のこと