SDGs

SDGsの具体的な取り組み|目標4(質の高い教育をみんなに)編【事例紹介】

困っているひと
SDGsの目標4(質の高い教育をみんなに)の具体的な取り組みが知りたいです。

 

こんな悩みにお応えします。

 

本記事の内容

  • SDGs目標4は質の高い教育をみんなに
  • 世界の状況を数字で見る
  • 世界の状況を動画で見る
  • 企業の具体的な取り組み
  • どうすれば「質の高い教育をみんなに」が実現できるのか

 

SDGs目標4は「質の高い教育をみんなに」

ターゲット
4.1 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、適切かつ有効な学習成果をもたらす、自由かつ公平で質の高い初等教育および中等教育を修了できるようにする。
4.2 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、質の高い早期幼児の開発、ケア、および就学前教育にアクセスすることにより、初等教育を受ける準備が整うようにする。
4.3 2030年までに、すべての人々が男女の区別なく、安価で質の高い技術教育、職業教育、および大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。
4.4 2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、ディーセント・ワークおよび起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。
4.5 2030年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障害者、先住民および脆弱な立場にある子どもなど、脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。
4.6 2030年までに、すべての若者および成人の大多数(男女ともに)が、読み書き能力および基本的計算能力を身に付けられるようにする。
4.7 2030年までに.持続可能な開発と持続可能なライフスタイル、人権、ジェンダー平等、平和と非暴力の文化、グローバル市民、および文化的多様性と文化が持続可能な開発にもたらす貢献の理解などの教育を通じて、すべての学習者が持続可能な開発を推進するための知識とスキルを獲得するようにする。
4.a 子ども、障害、およびジェンダーに配慮した教育施設を構築・改良し、すべての人々に安全で非暴力的、包摂的、効果的な学習環境を提供できるようにする。
4.b 2020年までに、開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国、ならびにアフリカ諸国を対象とした、職業訓練、情報通信技術(ICT)、技術・工学・科学プログラムなど、先進国およびその他の開発途上国における高等教育の奨学金の件数を全世界で大幅に増加させる。
4.c 2030年までに、開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国における教員養成のための国際協力などを通じて、資格を持つ教員の数を大幅に増加させる。

目標4は教育に関する目標です。

目標4はあらゆる目標の中でも特に重要なものと言っても過言ではありません。なぜなら、貧困から受け出すためにも、平等で公正な社会を実現するためにも、地球を大事にすることも全て教育があってこそ実現できるからです。

全ての人がしっかりと教育を受けられ、未来の社会を選択できるようにするのが目標4です。

それでは、世界の状況を見ていきましょう。

 

世界の状況を数字で見る

全世界で6億1,700万人の若者が、基本的な算術と読み書きの能力を欠いています。

出典:国際連合広報センター「持続可能な開発目標(SDGs)ー 事実と数字」

 

  • 開発途上国の初等教育就学率は91%に達しましたが、まだ5,700万人の子どもが学校に通えていません。
  • 学校に通えていない子どもの半数以上は、サハラ以南アフリカで暮らしています。
  • 小学校就学年齢で学校に通っていない子どものおよそ50%は、紛争地域に住んでいるものと見られます。

出典:国際連合広報センター「持続可能な開発目標(SDGs)ー 事実と数字」

 

 

 

世界の状況を動画で見る

1つ目の動画が教育の必要性をわかりやすく解説している動画であり、最も見る価値の高いものです。

 

そして、世界では教育機会を得るために毎日何時間もかけて学校に通っている子供達がいることも事実として捉えておくべきです。

 

SDGsにおける具体的な取り組み

 

取り組み事例① エネジュエリー(ネパール支援クラファンのリターン商品提供)|株式会社ケイ・ウノ

2018年、物理学博士の菊池伯夫氏が、ネパールの無電化地域へ水力発電機導入を目指すクラウドファンディングを実施しました。ケイウノはこの活動に賛同し、スマートフォンの懐中電灯用ランプシェードとして利用可能なネックレス「エネジュエリー・しずく」を開発。支援者に対するリターン商品として提供しました。総額8,239,000円の支援をいただき、小学校に軽水力発電機「Cappa」の導入を実現。ネパールの村に明かりを灯すことができました。

詳細:エネジュエリー|結婚指輪・婚約指輪・オーダーメイドのケイウノ

取り組み事例② みらい育ティーチャーズ|株式会社あおむし

日本人の「自己肯定感の低さ」や「未来への不安・閉塞感」「思考停止」等の社会的課題を解決するために生まれた新しい教育の形で、「みらい育ティーチャーズ」という資格取得制度を提供しています。

みらい育とは?

「かけがえのない自分」を感じることで、 「今を頑張りたくなる気持ち」を育てる教育的手法です。 誰の真似でもない自分にとっての幸せな未来を想像し、 そのために今何をすればいいのか、自分事(じぶんごと)として考え、 考えたことを実行していく力(=みらい力)の育成を目指しています。 大切なことは「自己肯定」「他者肯定」「多様性」の受容と共有です。 肯定から始まる幸福で持続発展的な社会の実現が、みらい育のゴールです。

詳細:みらい育ティーチャーズ(株式会社あおむし)ーYOKOHAMAー

 

取り組み事例③ 世界一大きな授業|教育協力NGOネットワーク(JNNE)

「世界一大きな授業」(英語名称:The World Biggest Lesson)は、そんな世界の現状に目を向け、教育の大切さを、同じ時期に考えようという地球規模のイベントです。「世界中の子どもに教育を」を合言葉に、2003年にスタートし、2008年には、885万人が参加し、ギネス世界記録としてギネスブックにも登録されました。日本でも、583校・グループの51,188人が2018年に参加しました。

詳細:世界一大きな授業 - 質の高い教育をみんなに だれひとり、とり残さない!

 

取り組み事例④ eラーニング「SDGsの基礎」の実施|セイコーエプソン株式会社

様々な教育機会の提供は素晴らしいですが、自社社員への教育機会の提供をおこなっているのがセイコーエプソン社。

企業がSDGsに取り組むには社員がしっかり理解することが大事ですね!素晴らしい取り組みです!

2018年10月から、社員のSDGsへの理解を深めるために、国内グループ社員を対象にeラーニングを実施しました。 世界がより良い状態で持続・発展していくための目指すべき目標「SDGs」とは何かを学び、なぜ今「SDGs」が必要なのかを理解することを目的に、SDGsの17目標を一つ一つ解読し、理解を深めました。このeラーニングは約16,000人を対象とし、90%以上が受講しました。 eラーニング受講による気付きとして、「業務において具体的にどのような取り組みがSDGs達成のために必要かを考えたい」「他人事ではなく自分の問題として取り組みたい」「『なくてはならない会社』と結び付けて考える良い機会となった」、などのコメントが寄せられました。

詳細:SDGsとの関連|エプソンのCSRとSDGs|CSR・環境|エプソン

 

取り組み事例⑤ 地域の幼稚園向けた交通安全教育|株式会社関根エンタープライズ

運送業を営む関根エンタープライズ社では知育の幼稚園に向けた交通安全教育を行っています。

ドライバーも十分に気をつけていると思いますが、地域社会にも丁寧に伝えることで無事故運転を目指す取り組みです。

幼稚園へ出向き、ドライバー自らトラックならではの危険性を 伝えています。園児に向けて死角体験や危険個所について「体験」 を通して分かりやすく説明。特に 4 月から小学生になる年長ク ラスさんに対しては、通学時の注意点などを重点的に伝えています。正しい知識を伝えることで、事故の無い社会を目指します。

詳細:SDGsとは|株式会社関根エンタープライズ

 

取り組み事例⑥ カンボジア:農村部での識字率アップに貢献|パナソニック株式会社

 

識字教室では、生徒である成人女性に混ざって、その子どもたちも一緒に勉強をしていました。

「孫に読み書きを教えて、知識ある人間になって、素晴らしい将来を生きてほしいです。知識があれば、将来、田畑がなくても困らないですから」 「子どもが勉強でわからないことがあっても、今は教えることができるのでうれしい」 親が読み書きできると、本人の自立と尊厳につながるとともに、子どもや孫たちへの影響も大きいと考えられます。

ソーラーランタンは、各家庭の生活のさまざまな場面で利用されていて、子どもの夜間の自習のためにも使われているそうです。 今回、チューンプレイ村の識字教室の現場をこの目で見て、村人の生活の質の向上のためにソーラーランタンが確かに役立っていることを実感しました。

詳細:カンボジア:農村部での識字率アップに貢献 | 100 THOUSAND SOLAR LANTERNS PROJECT | Panasonic

 

取り組み事例⑦ 対ベトナム 初等義務教育「ミズノヘキサスロン」運動プログラム導入普及促進事業|ミズノ株式会社

ミズノの「ヘキサスロン」は運動発達に必要な36の基本動作を楽しみながら身につけることのできる「遊びプログラム」です。これをベトナムの初等教育に導入する取り組みです。

ミズノは、ベトナム社会主義共和国の教育訓練省とともに、ミズノが開発した子ども向け 運動遊びプログラム「ミズノヘキサスロン」をベトナムの初等義務教育に導入する取り組みを進めています。

ベトナムの義務教育期間における体育の授業時間は、先進国に比べ非常に少なく、運動プログラムも画一的で、スポーツの基本動作の要素が十分に考慮されていないことが課題でした。

「ミズノヘキサスロン」は、ミズノが独自に開発した安全性に配慮した用具で、ベトナムの小学校の狭い校庭でも、楽しく、遊び感覚で「走る」「跳ぶ」「投げる」など基本的な動作を自然と身につけられることができる運動プログラムです。

詳細:SDGsの取り組み|ミズノ

 

取り組み事例⑧ TASUKEAI 0 PROGECT |株式会社Shoichi

法人在庫処分に特化した在庫買取業者「株式会社 Shoichi」では、CSR活動の一環で、「TASUKEAI 0 PROGECT 」に取り組んでいます。その中で紹介するのは、カンボジアの子供たちに日本語を学んでもらう取り組みです。

弊社のCSR事業「TASUKEAI 0 PROGECT 」ではアジアの子どもたちの日本語教育を支援しています。

例えばカンボジアにおいては自国の産業が少ない為、他国との交易がビジネスとして不可欠となっています。そのため、カンボジア国内で優秀な学歴があっても多国語を扱えないと就業ができないという状況が生まれています。

そのため自国語のクメール語のほかに、英語、中国語、日本語の常用を求められています。 私たちはローカル地の貧しい子どもたちや孤児などに日本語を学習してもらうために、日本語教師の派遣などをサポートしています。

詳細:マンゴースクールプロジェクト|TASUKEAI 0 PROJECT

 

どうすれば「質の高い教育をみんなに」が実現できるのか

学びたい人が学び続けられる社会になることが大事だと思います。

私たちが過ごす社会には、子供や大人、男女、LGBTや障がいなど、様々な性質が掛け合わさって個性になっています。そのような個性がハンデにならないような学びの仕組みが提供されるといいな、と思います。

例えば、社会人であれば時間や場所に制約を受けない学び方ができるといいな、と思いますし、「男性だから」「女性だから」と性別による固定観念による圧力を受けないような社会になればいいと思います。

学び続けられる場所も必要ですが、個人の選択を尊重できる社会的価値観も大事です。そのためには私たち一人ひとりが互いを尊重する社会であって欲しいと願っています。

 

今、私たちにできること

先に述べたように、先ずは私たち自身が周りの人の意思や考え方を尊重しましょう。

「〇〇でなければならない」という自分自身の価値観や固定観念はありませんか?

周りの人を尊重し自分の気持ちを尊重することができていますか?行動を妨げていませんか?

 

そして、私たち自身も学び続けなければなりません。

「自分で考え、意見を持って行動するためにはどうしたらいいか?」
「自分の目指す姿になるためにはどのようなスキルを身につければいいか?」

そうやって、自分が学んだことを生かして日本や世界を変えていけたらいいですね。

最後に、オンラインで学べるサービスを紹介したいと思います。

 

世界を変えられるスキルを身に着ける

 

コロナ禍で何もできない時間を生かして未来に繋げましょう。

今回は以上です。

-SDGs

© 2021 3年目にはじめる「ヒト・モノ・カネ」のこと