SDGs

SDGsの具体的な取り組み|目標3(すべての人に健康と福祉を)編【事例紹介】

困っているひと
SDGsの目標3(すべての人に健康と福祉を)の具体的な取り組みが知りたいです。

こんな悩みにお応えします。

本記事の内容

  • SDGs目標3はすべての人に健康と福祉を提供する
  • 世界の状況を数字で見る
  • 世界の状況を動画で見る
  • 企業の具体的な取り組み【事例紹介】
  • どうすれば全ての人に健康と福祉を提供できるのか

 

SDGs目標3は「すべての人に健康と福祉を」

ターゲット
3.1 2030年までに、世界の妊産婦の死亡率を10万人当たり70人未満に削減する。
3.2 全ての国が新生児死亡率を少なくとも出生1,000件中12件以下まで減らし、5歳以下死亡率を少なくとも出生1,000件中25件以下まで減らすことを目指し、2030年までに、新生児および5歳未満時の予防可能な死亡を根絶する。
3.3 2030年までに、エイズ、結核、マラリアおよび顧みられない熱帯病といった伝染病を根絶するとともに肝炎、水系感染症およびその他の感染症に対処する。
3.4 2030年までに、非感染症疾患(NCD)による早期死亡を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健および福祉を促進する。
3.5 麻薬乱用やアルコールの有害な摂取を含む、薬物乱用の防止・治療を強化する。
3.6 2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる。
3.7 2030年までに、家族計画、情報・教育、およびリプロダクティブ・ヘルスの国家戦略・計画への組み入れを含む、性と生殖に関するヘルスケアをすべての人々が利用できるようにする。
3.8 すべての人々に対する財政保障、質の高い基礎的なヘルスケア・サービスへのアクセス、および安全で効果的、かつ質が高く安価な必須医薬品とワクチンのアクセス提供を含む、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を達成する。
3.9 2030年までに、有害化学物質、ならびに大気、水質および土壌の汚染による死亡および病気の件数を大幅に減少させる。
3.a すべての国々において、たばこ規制枠組条約の実施を適宜強化する。
3.b 主に開発途上国に影響を及ぼしている感染性および非感染性疾患のワクチンおよび医薬品の研究開発を支援する。また、ドーハ宣言に従い安価な必須医薬品およびワクチンへのアクセスを提供する。同宣言は公衆衛生保護およびすべての人々への医薬品のアクセス提供にかかわる「知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)」の柔軟性に関する規定を完全に行使する開発途上国の権利を確約したものである。
3.c 開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国において保健財政、および保健従事者の採用、能力開発・訓練、および定着を大幅に拡大させる。
3.d すべての国々、特に開発途上国の国家・世界規模な健康リスクの早期警告、リスク緩和およびリスク管理のための能力を強化する。

 

世界の状況を数字で見る

1990年以来、1日当たりの子どもの死者は17,000人減少してはいるものの、毎年500万人を超える子どもが、5歳の誕生日を迎える前に命を落としています。

出典:国際連合広報センター「持続可能な開発目標(SDGs)ー 事実と数字」

下記のグラフは1838年からの5歳未満の子どもの死亡率の推移です。
円の大きさがボリューム(人数)、色は地域を示しています。

HIV/エイズ、マラリアその他の疾病

  • 2017年の時点で、全世界のHIV感染者は3,690万人に上ります。
  • 2017年には、新たに180万人がHIVに感染しました。

出典:国際連合広報センター「持続可能な開発目標(SDGs)ー 事実と数字」

下記のグラフは2011年からの新規HIV感染者の推移です。
円の大きさがボリューム(人数)、色は地域を示しています。

世界の状況を動画で見る

この動画は、HUMAN RIGHTS WATCHという人権NGOが、インドネシアのたばこ農場で働く子どもたちがニコチンにさらされ、有毒な農薬を浴び、危険な農具を扱い、重いものを運び、酷暑の中で作業している実態を調査した際に制作された動画です。

全てのたばこ農場がこうであるわけではありませんが、サプライチェーン内の農場で子どもが有害な労働に従事しないよう十分に確認している会社はないようです。

 

もう1つの動画は、国連広報センターによって制作された「ガール・エフェクト:時計がすすむ」。

世界で貧困の中に暮らす2億5,000万人の女の子がどうすれば貧困から抜け出せるようになるか示しています。日本に住んでいるとそのギャップにインパクトがあります、、、

 

SDGsにおける具体的な取り組み

世界の問題だけでなく、日本も高齢化社会に突入するので、健康と福祉はとても密接な問題です。

そこで、日本企業の取り組みを中心に目標3に関わる様々な事例を紹介したいと思います。

取り組み事例① 子供たちの栄養改善に役立つベトナムの学校給食プロジェクト|味の素株式会社

ベトナムでは、農村部を中心に低身長・低体重となっている子どもが少なくありません。一方、都市部では肥満・高体重の子どもが増加しています。

小学校の給食は各学校の教員や調理スタッフに任されているものの、学校給食法がなく、栄養バランスのガイドラインもないため、健全な発育に役立つ給食が実施できているとはいえませんでした。

ベトナム味の素社が、こうした課題を解決するために着目したのが日本の学校給食システムです。

詳細:日本の学校給食がすごい!子供たちの栄養改善に役立つベトナムの学校給食プロジェクト

 

取り組み事例② “手の衛生”でアフリカの感染症を防ぐ|サラヤ株式会社

サラヤは日本ユニセフ協会と協力し,2010年よりウガンダで「100万人の手洗いプロジェクト」をスタート。水道が整備されていないところでも手洗いができるように,「ティッピー・タップ」という簡易手洗い設備を普及させ,子どもたちや大人に手洗いの重要性,正しいやり方を伝えてきました。

詳細:取り組み事例 “手の衛生”でアフリカの感染症を防ぐ

 

取り組み事例③ 三井ダイレクト損保スマイル基金|三井ダイレクト損害保険株式会社

三井ダイレクト損害保険株式会社は2014年、安全運転の意識向上を図ることで、より広く社会に貢献したいという思いで『三井ダイレクト損保スマイル基金』を創設しました。無事故なら加入者だけでなく、社会全体や地球環境などにも良い効果を与えていく参加型のプログラムです。

ご契約者は当社が支援している活動のうち、特に応援したい活動に投票します。毎年3月末時点の各活動の投票割合に応じて、当社は寄付金総額(321『みつい』万円)を各活動を支援するNPO法人に分配します。

 

『ワンクリックで、あの人が笑顔に』を掛け声に、当社のご契約者と一緒に作り上げる新しい発想の社会貢献の仕組みです。これまでに、寄付金総額2,135万円、投票者数約20万人(2020年2月現在)となりました。

詳細:「三井ダイレクト損保スマイル基金」が累計投票者数20万人、寄付金額2千万円を突破

 

取り組み事例④ 「Lifebuoy」インドの手洗い促進キャンペーン「Help A Child Reach 5」|ユニリーバ

 

毎年5歳未満の200万人の子供が下痢や肺炎などの感染症で亡くなっています。過去10年間、Lifebuoyの石鹸は、石鹸で手を洗うという簡単な行為を子供たちに教えることで、これらの死を防ぐのを助けようとしてきました。

詳細:Help A Child Reach 5 - Lifebuoy

下記のニュースサイトでわかりやすく記事にされています。

【インド】Unileverの石鹸 子供の下痢発生を36%から5%に削減

 

取り組み事例⑤ 瀬戸内和菓子キャラバン|株式会社虎屋本舗

瀬戸内で高齢者と子どもによる郷土文化の世代間継承と文化創造の取り組みです。地方の人口減少、高齢化に伴う課題解決を目指します。

目標とする2030年の瀬戸内の未来像 あらゆる地域において、様々な企業が高齢者と子どもによる郷土文化の世代間継承と文化創造の仕組みを担う未来を目指す。
全国地方中小企業に広がる労働人口減少、高齢化、技術者不足という経営課題。
一方で、社会環境の変化による地域コミュニティの変化や郷土文化継承から地方創生という社会課題。
これら2つの課題を同時解決すべく、様々な地方中小企業が『本業を進化させる社会事業』として地域プラットフォームの担い手として活躍していく。

詳細:SDGs活動 ~瀬戸内和菓子キャラバン~(虎屋)

 

取り組み事例⑥ ソーラーランタン10万台プロジェクト|パナソニック株式会社

「無電化地域」にくらす人々が世界には約11億人。パナソニックは無電化地域に“あかり”を届けることで、教育、医療、経済、安全などの課題の解決に貢献することを目指して、2013年から2018年にかけて10万台以上のソーラーランタンを寄贈してきました。

詳細:ソーラーランタン10万台プロジェクト

 

どうすればどうすれば全ての人に健康と福祉を提供できるのか

先で見た「ガール・エフェクト:時計がすすむ」のように、この問題は貧困と密接な関わりがあり、その負のループを断ち切らないといけません。

そのためには、先進国のリーダーシップが必要なんですね。

例えば、すべての人に安全な水や食事を確保、最低限の医療体制を整えて身体の安全を担保しながら、教育を行い自立できるように支援するとかですが、そうすれば自立して生計を立てられ、次の世代は健康で文化的な生活を送れるはずです。

SDGsという目標と共に、世界に目を向けた今だからこそ実現ができるのだと思います。

今、私たちにできること

困っているひと
今、私たちに何ができるの?
今は僕たち自身が今の新型コロナウィルスとの戦いに向き合っていかなければいけないよ
けーる

一方、私たちの生活に当てはめてみれば、この新型コロナウィルスと共存しなくちゃいけない社会の中でめちゃくちゃストレスが溜まっていると思います。また、大変苦労されている方もいると思います。

すべての人に健康と福祉を。1日も早い終息を願い、ステイホーム、もしくは十分に対策して外出をしましょう。

僕はAmazonプライムビデオやNetflixに飽きてしまい、FODを見ています。個人的にはコンフィデンスマンがおすすめですw

今回は以上です。

 

コンフィデンスマンJP

 

-SDGs

© 2021 3年目にはじめる「ヒト・モノ・カネ」のこと