未分類

誰でも転職サイトに登録しておくべき理由【キャリアは情報収集がカギ】

困っているひと
転職を考えているわけではないのですが、求人情報を手に入れたいと思っています。実際に転職はまだ考えていないのですが、転職エージェントに登録してもいいのでしょうか。

 

こんな悩みにお答えします。

 

本記事の内容は以下の通りです。

・転職サイトは常に登録しておくべき4つの理由
・登録に際する不安とその答え
・転職に対する注意点:転職しやすい時代だからこそ慎重に
・オススメの転職サイト

 

本記事では、「情報収集のための転職サイト登録」についてです。

上手なキャリアを歩んでいくためには、情報収集が不可欠です。

その情報は多くの場合、転職サイトに豊富にあります。

 

転職サイトに登録すれば、定期的に転職市場の情報を集め、今後の自分自身のキャリアに大きく生かすことができます。

 

ということで、今回は情報収集のための転職サイトへの登録とそれに対する不安を解消していきます。

 

情報をたくさん集めて、充実したキャリアを歩む準備をしましょう。

 

転職サイトは常に登録しておくべき4つの理由

あなたがもし転職をするつもりがなかったとしても転職サイトには登録しておきましょう。

 

その理由を4つ説明していきます。

  • 自分の市場価値を意識できる
  • 企業が採用したい人物像(キャリア/スキル/マインド)がわかる
  • 希望する企業の募集を見逃さない
  • 心の逃げ道が用意できる

それぞれ見ていきましょう。

 

転職市場の動向を確認できる

1つ目は、転職市場の動向を確認できるです。

いま、転職市場が活発なのか、活発ではないのか求人量を見ながら知る事ができます。

求人量が多く、転職希望者の数を上回る売り手市場の場合、内定を得やすかったり条件面がよかったりします。

 

この動向は個人の能力とは関係ありません。

例えば、とても能力がある人でもタイミングによって、条件が悪くなったり、反対に、第二新卒のようなポテンシャル採用でも条件がよくなったりする事も有り得るということです。

 

ちなみに、転職サイトに登録しなくても市場動向はわかります。有効求人倍率という指標があります。

それでも転職サイトに登録する意味は、有効求人倍率と合わせて条件面の変化を実際の求人で確認して実感することです。

 

企業が採用したい人物像(キャリア/スキル/マインド)がわかる

2つ目は、企業が採用したい人物像がわかるからです。

 

転職をする際、希望企業がある場合、希望する職種がある場合、待遇の改善を求める場合、その他に分かれると思います。

 

例えば、希望企業がある場合、求めている人物像(経験、スキル、マインド)を満たしているか知ることで今チャレンジすべきか、経験を積んでからすべきか判断する事ができます。

 

他にも、希望する職種がある場合は、足りないスキルを身につけてチャレンジすることができます。

 

希望する企業の募集を見逃さない

3つ目は希望する企業の募集を見逃さないためです。

 

もし、狙っている企業がある場合、そもそも企業が求人募集をしていなければ門戸を叩くことすらできません。

 

ちなみに一度落ちた企業からは二度と内定を得ることはできないか?という質問をたまにもらいますが、そんなことはありません。

僕の友人の例だと、どうしても入りたい企業があって計3回受けて内定をもらった例もあります。

 

むやみやたらに受ければいいものでもありませんが、経験を積み、スキルを持っていればいつか叶うので諦めないことも才能の1つです。

 

心の逃げ道が用意できる

4つ目は心の逃げ道になるからです。

 

働いていれば辛いこと、悲しいこと、ムカつくことたくさんありますよね。

そんなときに転職サイトを眺めていると「いざとなったら転職すればいいや」と思えるのでオススメです。

 

実際に転職するとなると一大決心かもしれませんが、一種の現実逃避に使うこともアリだと思います。

 

登録に際する不安とその答え

次に転職サイト登録の際のよくある不安にお答えします。

よくある質問は以下の通りです。

  • 勤めている企業にバレない?
  • 登録したら転職しないといけない?
  • 3年未満の転職はネガティブに思われない?
  • 自己分析をしてからがいいのでは?

それぞれ見ていきましょう。

 

勤めている企業にバレない?

困っているひと
勤めている企業にバレない?バレたら評価に影響しそう・・・

基本的にはバレません。また、転職サイトには特定の企業の人事担当者に表示しない機能があります。

 

万が一、転職サイトに登録していることがバレてしまっても問題ありません。

 

今や多くの人が転職サイトに登録してきますし、おそらく先輩や上司も登録しています。

 

なにより、若くこれから成長していく人材は企業にとって貴重な存在です。貴重な若手に転職意向があるようなら色々なサポートをして本人と対話をするはずです。

 

ましてや評価を下げるなんてもってのほかですね。転職サイトに登録してるくらいで、嫌がらせをする会社ならある意味早めに転職してもいいかもしれません。

 

登録したら転職しないといけない?

困っているひと
登録したらエージェントの方に転職を勧められないか心配です。

転職するかしないかはあなたの自由です。

 

エージェントの方は転職をマッチングする事でお金を貰うため、転職を勧めるのも事実です。

しかし、ミスマッチな転職はあなたも、企業も、エージェントにとっても不幸な結果になります。

 

あくまで転職の時期は未定としつつ、ゆるくエージェントの方と繋がっておくのがオススメです。

 

3年未満の転職はネガティブに思われない?

これは理由によります。一般的に3年未満の転職は即戦力よりも第二新卒、ポテンシャル採用枠として見られます。

 

しかし、2つの理由で3年目未満の転職が悪ではないことをお伝えします。

 

1つ目は、企業も若い人材を求めています。
新卒採用を行う余裕がなくても、一定の教育を受けた第二新卒を採用したい企業は結構あります。1社目では縁に恵まれなかったとしても次の会社で良い出会いがある事もあります。

 

2つ目は、結局自分の人生は自分で決めるべきということです。
3年未満で転職を考えられるということは、常に自分の人生と向き合ってるからです。

 

「転職は慎重に」はまさにその通りですが、その言葉を踏まえても転職をするべきと覚悟を決めたら、そう動くべきというのが僕の考えです。

 

まわりの人に何を言われても10年後、20年後の会社人生を決めるのは自分自身です。

 

全部自分で決めて自分で責任を取る覚悟で向き合いましょう。

 

自己分析をしてからがいいのでは?

理想は自分をよく知ってからですが、そうである必要はありません。

転職サイトでは自分自身を分析する様々なツールを提供していたりします。

 

例えば、リクナビでは「グッドポイント診断」というサービスを提供していて、これが大変自己分析に役立ちます。

グッドポイント診断はこちら

 

他にも自己分析に役立つツールを下記の記事で紹介しているのでぜひご覧になってください。

 

転職に対する注意点:転職しやすい時代だからこそ慎重に

転職サイトへの登録はオススメですが、たくさんの求人が誘惑になり、転職への関心が強くなってしまうことがあります。

 

実際に力試しで面接を受け、内定を得ることもあるでしょう。

 

しかし、転職をする前に少し立ち止まって考えてみてください。

下記の4つを確認してみてください。

  • 自分の夢に近づいているか?
  • 思い通りにいかないことがあっても我慢できるか?
  • 給料、休み、職場環境など妥協していないか?
  • おまけ:どうしても辛い仕事は逃げ出すのも勇気

 

自分の夢に近づいているか?

もしあなたに小さくても夢がある場合、自分の夢に近づいていない転職は無意味です。

 

転職を経験するとわかるのですが、入社後のキャッチアップや人間関係づくりなどものすごい労力がかかります。

 

本業と異なるところに多大な労力をかければ、夢に向かう途中の寄り道になってしまいますね。

 

また、職務経歴上もオススメできません。20代で3社以上経験していると、その時点で弾かれてしまうケースがあるからです。

 

転職はしやすい時代ですが、様々な負担もあるのでよく考えて転職をしましょう。

 

思い通りにいかないことがあっても我慢できるか?

2つ目は、思い通りにいかないことがあっても我慢できるか?ということです。

転職を一度してしまうと転職に対するハードルが下がります。その結果、嫌なことがあったときにすぐに転職という選択肢が出てしまいます。

時には「耐え忍ぶ」ということも重要です。それを続けられる何か支えが転職先にはありそうでしょうか?

夢や、人や、給料や、社会的ステータスなど、自分を支えるものであればなんでも大丈夫です。

余談ですが、長く続けていればそれなりの成果が出ます。作り上げた成果を武器に転職をするのもありだと思います。

 

転職先で「耐え忍ぶ」ことができる覚悟と支えがあるなら転職は問題ないでしょう。

 

給料、休み、職場環境など妥協していないか?

3つ目は、給料、休み、待遇、職場環境など妥協していないか?という点です。

夢のための転職であれば犠牲にしてもいいですが、キャリアアップのために上記の4点は考えてみてください。

 

条件面は、バランスです。

給料がどんなに上がっても、職場環境が劣悪で残業多く、上司がパワハラをするようであればすぐに潰れてしまいます。

 

条件を列挙して他人にアドバイスするつもりで自分に聞いてみてください。

例えば、

給料:年収50万円UP
休み:土日休み
待遇:第二新卒扱い
職場環境:残業多い(月80時間)、でも人がよくみんなで乗り切れそう。

 

というように情報を並べ、メリット・デメリットを明らかにしていきましょう。

もし少しでも不安があれば徹底的に考え抜いてください。辛い状況でも頑張れるか?もっと良い縁があるのではないか?なとです。

 

おまけ:どうしても辛い仕事は逃げ出すのも勇気

最後は、逃げ出すのも勇気という話です。

 

僕自身、新卒で入社した広告会社を1年で辞めています。

理由は、残業時間が平気で200時間超え、家に帰れず、上司に恵まれなかったことで、最後の方は突然涙が止まらなくなったりしたからでした。

憧れていた広告会社でやりがいはあり、誰もが見るような広告を取り扱っていたので、心は充実していましたが、耐えられませんでした。

 

転職をしたあとも広告に携わる事ができ、小さな仕事から始まり、とても大きな仕事を手掛ける事ができるようになりました。

 

今は事業会社に転職をしましたが、早いタイミングでキャリアを変えられた事で、経営大学院な通うなどその後のキャリアを柔軟に選択できるようになりました。

 

本当に辛い場合、まだまだやり直しがきくので、逃げてもOKです。

 

オススメの転職サイト

最後に、オススメの転職サイトをお伝えいたします。

・リクナビNEXT
業界最大手。グッドポイント診断など便利なサービスあり。

・ビズリーチ
CMでお馴染みのハイクラス転職。ご自身の市場価値を探るために登録してみる価値あり。

・ワークポート
専任コンシェルジュの方がとても丁寧で寄り添ってくれている感じが非常によかったです。

です。

 

まとめ:まずは情報収集からはじめよう!

いかがだったでしょうか?

転職は人生の重要な意思決定の1つです。

そのため、出来るだけ多くの情報を得て、行動し、判断する必要があります。

 

効率的に、戦略的に、良い転職に巡り合うためにはまずは転職サイトに登録し、情報収集から始めてください。

最初の登録は面倒かもしれませんが、何事も準備が大事なのでしっかりやってみてください。

 

今回は以上です。

-未分類

© 2021 3年目にはじめる「ヒト・モノ・カネ」のこと