モノ 経営戦略

5F分析の正しいやり方とは?【業界の構造を知る】

困っているひと
業界の構造を把握するために5F(ファイブフォース)分析が有効だと聞いたのですが、正しいやり方がわかりません。教えてください。

 

こんな悩みにお答えします。

 

本記事の内容は、下記の通りです。

・5F(ファイブフォース)分析とは
・5F分析を使う上で大事なポイント4つ
・5F分析のやり方を解説

 

今回は、業界の構造を把握するフレームワーク「5F(ファイブフォース)分析」について解説していきます。

 

経営戦略を考える上で、自社の所属する業界がどのような構造になっているかを知ることは重要です。

5F分析では下記のような分析をしていきます。

5F分析の概要

 

5つのプレイヤーは自社と利益を奪い合う関係です。

 

そのため、交渉力が強いプレイヤー脅威になり得るプレイヤーに対して適切に対策を講じなければ、自社の利益を減るだけになってしまいます。

 

本記事を読めば、

  • 自社の業界に影響を与えるプレイヤーを整理することができる
  • 交渉力が強いプレイヤー、脅威となるプレイヤーを把握することができる

ようになりますよ。

 

本記事を読んだら、実際に手を動かして自社の業界を分析してみることでさらに理解が深まると思います。ぜひチャレンジして見てください。
けーる

 

5F(ファイブフォース)分析とは

5F(ファイブフォース)分析とは

5F(ファイブ・フォース)分析とは、業界分析手法のひとつで、業界の構造を把握するためのフレームワークです。

 

その上で、自社に影響を与える交渉力が強いプレイヤーや脅威になり得るプレイヤーを把握することを目指します。

 

言い換えると、自社に影響を与える5つの力を把握し、ビジネスの収益性を分析する方法です。

 

5F分析は下図のように、5つの力関係を整理する分析です。

5F分析=5つの「自社に対する脅威」の度合いを分析する

 

それぞれでは、

  • 業界内の競争:敵対関係の強さ
  • 買い手:買い手の交渉力
  • 売り手:売り手の交渉力
  • 新規参入業者:新規参入の脅威
  • 代替品:代替品・サービスの脅威

を見ていきます。

 

 

そして、この分析を理解するために2つのポイントを押さえましょう。

  • 横軸はバリューチェーンによる利益の奪い合い
  • 縦軸は競合による利益の奪い合い

この縦軸の競争が激しく、横軸の交渉力が強いほど、定義した業界は利益率が低い業界ということになります。

 

5F分析は、それぞれのプレイヤーが利益を奪い合っているという認識のもと、「自社の定義する業界は魅力的なのか?」を明らかにしていく分析です。

 

5F分析を使う上で大事なポイント4つ

5F分析を使う上で大事なポイント4つ

5F分析をする上で大事なポイントが4つあります。

 

それは、以下の4つです。

  1. 正しく業界を定義する
  2. 脅威や交渉力に明確な度合いは存在しない
  3. 脅威や強い交渉力も「対策できるか?」に意味がある
  4. 自社の有利に働くアクションを考えてみる

それぞれ見ていきましょう。

 

①:正しく業界を定義する

1つ目のポイントは「正しく業界を定義する」です。

5F分析では、はじめの「業界の定義」がとても重要です。

 

一見、似たような商品・サービスでも利益を奪い合っていない可能性があります。

例えば、ビール/発泡酒/クラフトビールは同じ業界でしょうか?

  • ターゲットは一緒か?
  • 同じニーズを満たす製品やサービスか?
  • 同じ素材(原料)を使っているか?

などを考えていくと、解決に近づきます。

 

ビールから見たら発泡酒は代替品として脅威になるかもしれませんが、発泡酒から見たらビールは代替品ではなく高級品なので直接競い合う相手ではないかもしれません。

 

また、クラフトビールと発泡酒は価格や求めるターゲット層が異なるので、同じ業界とは言えないかもしれません。

 

このように顧客のニーズを理解し、本当に競い合うべき相手を定義することで、真に意味のある分析をすることができます。

 

②:脅威や交渉力に明確な度合いは存在しない

2つ目のポイントは「脅威や交渉力に明確な度合いは存在しない」です。

 

5F分析では、明確なスコアリングの方法が存在しません。また、不確実性の高い状態を扱うフレームワークでもあります。

 

一般的な業界と比較して、「プレッシャーが潜んでいるか」を把握することができれば問題ありません。

 

ただし、脅威・交渉力の不利が2つ以上あれば利益を上げることは簡単ではなく、3つ以上あるとかなり厳しい業界という認識をする必要があります。

 

③:脅威や強い交渉力も「対策できるか?」に意味がある

3つ目のポイントは『脅威や交渉力も「対策できるか?」に意味がある』ということです。

 

5F分析では、業界の力関係を理解した上で、正しい戦略を立案することが目的です。

 

厳しい現実も、直視することで次の打ち手に臨むことができます。

また、5つの力で強いものが多かったとしても、それを吸収できる市場規模・成長率があれば、削られる利益以上に利幅が伸びる可能性もあります。

 

現状を正しい認識を持って、次のアクションにつなげてみましょう。

 

④:自社の有利に働くアクションを考えてみる

最後のポイントは「自社の有利に働くアクションを考えてみる」です。

 

5つの分析に留まらず、自社が取るべき打ち手を仮説でもいいので考えて見ましょう。

 

常にそのような思考ができるようになれば、様々なライバルの脅威に備えられることになります。

 

それだけでなく、将来、「M&Aによってライバル企業を買収し、売り手や買い手への交渉力を増す」というような大きな戦略の絵を描くことができるようになるかもしれません。

 

5F分析のやり方を解説

5F分析のやり方を解説

5F分析のやり方を解説します。

 

5分析では、脅威になる縦軸のプレイヤー、交渉力のある横軸のプレイヤーを把握し、その先の「対策」につなげることが目的です。

 

改めて、5つの力は下記の通りです。

  • 業界内の競争:敵対関係の強さ
  • 買い手:買い手の交渉力
  • 売り手:売り手の交渉力
  • 新規参入業者:新規参入の脅威
  • 代替品:代替品・サービスの脅威

それでは、それぞれ分析していきましょう。

 

業界内の競争を分析

業界内の分析は、「業界内の競争が激しいか?」を分析していきます。

 

業界内の競争が激しい時、互いに利益を削り合い価格勝負を行うため、収益性が悪くなります。

 

業界内の競争が激しい場合というのは下記の状態を指します。

  • 競合企業が無数に存在する
  • 業界の成長率が低い
  • 製品・サービスに独自性がない
  • スイッチングコストを高められない

 

上記を照らしながら、「業界内の競争が激しいか?」の結論を出しましょう。

 

買い手を分析

買い手の分析は、「買い手の交渉力が強いか?」を分析していきます。

 

買い手からの利益削減の圧力が強い場合、販売価格を抑え、結果として利益が少なくなってしまうからです。

 

買い手の交渉力が強い場合というのは下記の状態を指します。

  • 買い手側が大量に購買している。もしくは、集中化が進んでいる
  • 業界側から提供される商品の差別化が進んでいない

 

上記を確認して、「買い手の交渉力が強いか?」の結論を出しましょう。

 

売り手を分析

売り手とは、自業界から見たときのサプライヤー(供給者)を指します。

 

売り手の分析は、「売り手の交渉力が強いか?」を分析していきます。

 

売り手の交渉力が強いと、購買品に価格転嫁されるので、原価が上がってしまい自社の利益が減ってしまうからです。

 

売り手の交渉力が強い場合というのは下記の状態を指します。

  • 少数の企業が独占している
  • 独自性が強い。差別化されている
  • 業界への販売に際し、他社製品と競争しなくてもいい

 

サプライヤーの替えがきかない場合に、売り手の交渉力が強くなるケースが多くなります。

 

新規参入を分析

新規参入の分析では、「新規参入の脅威が大きいか?」を考えます。

 

まだ実際には業界にいないプレイヤーについて考えるわけですが、新規参入の脅威が大きいことはつまり、「誰でも容易に参入でき、業界内の競争を激化させる」要因になるからです。

 

新規参入の脅威が大きい場合というのは下記の状態を指します。

  • 政府の規制がない
  • 巨額の資金が不要
  • 規模の経済性の効果が低い
  • ブランドによる識別が進んでいない
  • 流通チャネルの確保が容易

 

上記のように、参入のしやすい事業と言える場合には注意が必要です。

 

代替品を分析

代替品とは、形式は違っても同じニーズを満たす製品やサービスを指します。

例えば、眼鏡業界だとコンタクトレンズやレーシックなどが代替品です。「視力が上がる」ということがニーズなので、それに応える製品・サービスは代替品ということになります。

 

代替品の怖い点は、突然、既存の業界を破壊してしまう可能性がある点です。

 

例えば、かつてあったCDやMDは、現在、音楽配信サービスが取って代わってしまいました。パソコン向けの記憶メディアであったフロッピーディスクもUSBが代替品となり、現在ではクラウドが代替品となっています。

 

そんな代替品の分析では、「代替品の脅威が大きいか?」を考えます。

先ほど述べたように、ある日、自社の業界の存在を脅かす代替品がないか目を光らせる必要があります。

 

代替品の脅威が大きい場合というのは下記の状態を指します。

  • 顧客にとって切り替えが容易
  • 代替品の方が魅力的

 

技術的な進化によって、代替品が市場を破壊することが確実に予測できる場合もあります。そのような場合は、自社も大幅な戦略転換を意思決定する必要があります。

 

まとめ:業界構造の把握は分析のはじめのいっぽ

まとめ:業界構造の把握は分析のはじめのいっぽ

5F分析のポイントを押さえることはできたでしょうか?

 

戦略を考える上で、業界構造を知ることは最初のステップなので、それを学んだ皆さんは今、企業分析のスタートラインに立っています。

 

他にも様々な分析手法がありますが、本サイトで様々な分析手法を解説していますので是非読んでみてください。

 

5F分析は様々な分析の1つです。もっと詳しく学びたい方は下記の書籍がおすすめです。

経営戦略における重要な分析のフレームワークが網羅的に学べます。僕が学んだMBAでも教科書として使われています。「知らないことを知る」 には十分な一冊です。

 

また、これから経営を勉強したいという方は、まずは下記から読んでみるといいと思います。

経営戦略とは何か、わかりやすく概観を掴むことができるので、今日から経営について学びたい人の最初の一冊にオススメです。

 

今回は以上です。

-モノ, 経営戦略

© 2021 3年目にはじめる「ヒト・モノ・カネ」のこと