用語集

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは・意味

再エネ賦課金

電気料金に上乗せされている賦課金。

再生可能エネルギーの普及促進を目的として、FITにおける再生可能エネルギーで発電した電気の買取に要する費用を電気料金に上乗せすることですべての国民が負担する制度。エネルギー電気の調達に関する特別措置法、通称「再生可能エネルギー特別措置法」により2012年7月から始まった。

電気料金は以下のように決まる。

「電気料金」=「電気の基本料金」+「再エネ賦課金」+「電力量料金※」 ※燃料費等調整費額を含む

 

-用語集

© 2021 3年目にはじめる「ヒト・モノ・カネ」のこと